採用実績の多い営業支援ツールSFAで効率化

大手の企業からの採用実績もあるSFA、1999年に発売して以来、営業支援ツールとして高い評価を受けています。営業情報を活用して、業績を伸ばしたい、企業の利益の原石である営業情報を活用できないだろうか、などの悩みを解決できるのが営業支援ツールSFAです。
営業は情報を社員の中で共有できれば、より効率的な営業が可能になります。営業情報の見える化がもたらすメリットは大きなものがあります。商談の進捗状況を集約し、その情報を必要なセクションに自動的に共有するシステム、経営者も管理者にも、そして、企画や営業の担当者にもすべての人が、見たい情報をそれぞれの立場にとって見やすい形で、自動的に提供できるシステムが必要なのです。
営業情報の見える化によって、経営者はこれから先の見込みを知ることができます。管理職の方は案件として情報を得ることができます。企画の担当者は、営業からくる情報を顧客のニーズとして知ることができます。営業の担当者には、新たな顧客や商品のニーズを知ることができるのです。これらの見える化の作業が、支援システムによって自動的に行われます。大量の営業データの中に埋もれてしまいがちな、ニーズや商談の機会を、支援システムが自動的に掘り起こし、経営者、管理者、企画担当、営業担当、それぞれの立場にとって最良のデータとして提示されるので、単純な営業情報の共有にはとどまらず、これから先の見込みやニーズをより明確に知ることができます。
また、売れる商品や成功する営業のパターン、商談の成功例などを見える化することも可能です。営業担当者の技能の向上につながり、成功のパターンを知ることで、経営の戦略アプローチもより効果的なものになります。この見える化は、前者の状況をひと目で把握できるグラフィックとグラフを使用した画面で、ワンックリックでさまざまな見える化されたデータを、ポータル画面から社員全員が共有することができます。
経営者は経営者に必要なデータが見える化で自動的に表示され、管理者には、商談の案件が進捗管理に最適化された状態で表示されます。
営業担当者には、日々の営業活動のさまざまな報告が、パソコン、スマートフォン、携帯電話など、多様な端末から行うことができます。管理者からのスケジュールの調整なども、それぞれ使用している端末から確認することができます。
営業支援ツールSFAは、低コストで利用するために、クラウド型、自社のサーバーに設置する方法などの運用形態から選択できるので、営業管理のコスト削減にもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*